Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hazukiproject.blog38.fc2.com/tb.php/108-e592ec7d

-件のトラックバック

-件のコメント

[C218]

笑顔で 「 軽いわよ 」 というフリをして
というのが笑いました。それ重要かも。
長袖の大部分を詰めてしまったので、今寒いです・・・。
  • 2006-05-18
  • ハルキ
  • URL
  • 編集

[C219]

 超過料金は航空会社によって厳しかったりそうでなかったりするみたいです。いいかげんな所は相当いいかげんらしいですね。NZ航空は厳しい方の部類に入るらしいけど、超過した事ないからわからないなぁ。

 機内持込の裏技としては、「衣類はなるべく着込む!」というのがあります。着ていれば荷物にならないので、その分軽くなるという訳です。で、離陸後、飛行機のトイレで脱いで、紙袋か何かに入れて椅子の下にでも入れておけばいいんだし(降りるときに重量検査はないので、税関でも堂々申告できます)。

 あとは、現地調達できるものは現地で買うとか、滞在先の住所がわかっていたらそこに送ってしまうとか・・・。

 ところで、45リッターのバックパックをぱんぱんに詰めて手荷物として飛行機に乗り込んだことがありますよ。日本航空(国際線・国内線ともに)、日本トランスオーシャン航空(国内線)、ユナイテッド航空さん(米国内線)です。確実に7KG越えていたと思うけど、特に何も言われなかったなぁ。

※さっきメール送りました。宜しくお願いします。
  • 2006-05-19
  • 未定(みてい)
  • URL
  • 編集

[C220]

NZ航空は厳しいですよ。預ける荷物は同じ荷物なのに、行きはOKでも帰りで引っかかってもめた!という友達の経験もあるので。私は今まで引っかかったことはないので、なんともいえませんが、その時にあたるスタッフによるんですよね。kiwiは気まぐれだから・・・。NZ航空はあまりサービス良くないし・・・。

手荷物は私も7キロ以上(多分10キロくらいあったかも??)でバックパックを出来るだけ小さくしてリュックの様にして持ち込みました。国際線はNZ航空じゃなかったので、多少は大丈夫だと思っていたけど、国内線はNZ航空だったから、多少心配でしたが、大丈夫でした。

荷物は、前の日に詰めると・・・焦ることもあるので、せめてもうすこし余裕があった方がいいかもしれません。つめてみると、来れもはいらない!あれもはいらない!が出てくるから・・・。

出発までもうすこしですねw
NZでおまちしてますww

[C221] ヤバッ・・・

本日荷物詰めてる途中、壁にぶつかる気配を感じました。
え、まだ入れてないものけっこうあるのに・・・!?
ヤバいです。
  • 2006-05-21
  • ハルキ
  • URL
  • 編集

[C223]

> ハルキ さん
はづきより出発が後なのに もう詰められたのですか? (汗)
 やばい? …っていうか 20キロのスーツケースを1人で持って歩くのも
 かなり嫌で へこんでるんだけど (笑)
 ハルキさん 準備が計画的で落ち度がないところが素晴らしいです

> 未定(みてい) さん
NZ 航空厳しいですかぁ そうかもしれませんね
 ただ 「 日本人には甘い 」 という説があるのも事実ですが
 なんせ ツアーじゃないので 課金してくるところはしっかりしてそうですね
 すでに 現地調達品がかなり… という感じになってきてます

 メール 遅延してます? infoseek ダメダメです(笑)

> nao さん
NZ航空が サービスあまりよくない とは思いませんが
 たくさんの航空会社を乗られている方からすると
 そういう感じなのでしょうか???

 そうですね 荷物はなるべく早く詰めるようにします
 すでに 20キロ超えていると思われるので
 あとはなにを出すかが問題です
  • 2006-05-22
  • Hazuki @ 一眼レフ君が届いた~♪
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

重いものは重い だけど軽いのです   Working Holiday に行きたい! 59

060518F_IMG_2360a 本日の写真は 梅田で食べたランチでございます

こんにちは はづきでございます
 5月も半ばなのに寒いと思いません???
 GWには衣替えをして 以降は 半袖+長袖持ち歩き で
 例年なら対応できているはずの関西地方も
 ( 微妙に違うが関西地区だと言い切る )
 今年はまだまだ長袖着用でいい感じです
 まぁ これから日本出ちゃうんだから どうでもいいけど~
 ( おいおい・笑 )

さて 直行便で行くのが決定している はづきですが
 まだまだ 荷物を詰める気配もなく
 詰めるのは出発1日前だろう ( 間に合うのか!? ) という
 予測になっています ( ここに来て直前ブルーが… )

さてさて 一昨日は梅田で最終の買い物を満喫しましたし
 ( 気分が良い現金払いをやった♪ )
 いよいよ はづきとともに ニュージーランドに同行する
 アイテム君たちも 発表されつつあるのですが
 その重さはかなりになるようなので 半分どうしたらいいのか
 諦めております

ここで ニュージーランド航空が発表している
 機内持ち込み および 受託手荷物の重量と大きさについて
 少しおさらいしてみましょう

 機内持ち込み手荷物 :
 総寸法(縦+横+高さ)が115cm以下、重量7kg以下の手荷物を1個まで
 受託手荷物 :
 総重量20kg以下で総寸法(縦+横+高さ)が158cm(62in)以下

まぁ 一般的に見てもこんなもんでしょうか?
 超過料金なんて 払いたくないので
 もちろん これにとどめるつもりです
 また 見つからなかったら ラッキー♪な 一か八か計画も却下です




 
もちろん 一年間の生活物資を持って行こうと思うと
 当然のことながら 20キロで全てなんて無理です
 …なので 初めから諦めています
 20キロで収まる物だけ 持って行って あとは買うなり送るなり
 対策を考えましょうと…
 ( このへん ものぐさです )

 違うんです はづきの荷物の心配事は
 機内持ち込み 7キロ にあります

 今の段階で 機内持ち込みになることが確定している物

 ・ノートPC Hazuki 2nd.マシーン 3.3 キロ ( TOSHIBA 調べ)
 ・コンパクト・デジカメ 0.26 キロ ( canon 調べ )
 ・一眼デジカメ Hazuki 初代機 0.485 キロ ( canon 調べ )
 ・デジカメレンズ 0.19 キロ ( canon 調べ )
 ・電子辞書 0.25 キロ ( CASIO 調べ )

 ↑ 合計 4.485 キロ
 残り 2.515 キロなのですが PC や カメラはケースに
 入ってますので それぞれ本体にその重さが加わります

 それに 機内でも食べ物写真を撮りそうな はづきとしては
 カメラは2台ともスタンバイ状態
 バッテリー&メモリ を装着した状態で持ち込むつもりなので
 それで 軽く1キロは飛びます

 …とすると 硬貨の入った財布やペットボトル
 機内持ち込み本 最有力候補
 「 ダヴィンチ・コード 」 文庫本3冊 を加えると
 完全に重量オーバーですね ( 正確には量ってないけど )
 一応 上着関係も1枚2枚 手荷物につっこみたいし…

確かに 荷物を預けるとき スーツケースは重量を量られるのは
 知ってるけど
 手荷物の7キロって ホントに量ってるの!? それって いつ!?

 そうなんです 冷静に考えるとわかるのですが
 手荷物の重量は量られていないことが多いのです
 …ということは 7キロ超過しているかどうか
 絶対にばれないのかというと そうでもないみたいです

 まず 明らかに7キロを超えているような外見の荷物は
 空港職員さんに量られる可能性があるということ
 それに バックパックは 量られる可能性が高い ようです
 いえ 必ずしも量られる保証はないのですが
 あくまでも 可能性がある と思った方がいいようです
 確かに 常識的に考えて 25 ~ 40 L 近くのバックパックは
 宿泊登山向けですから 7キロに納めるのは難しいかもしれません
 もともと バックパック = 預ける荷物 と考える人も多いそうです

 しかし 7キロを超えているとしても
 どの段階から料金が発生するのかが イマイチよくわかりません
 超過1キロ単位で料金が発生するそうですが
 7.9キロで料金が発生するかというと疑問があります
 例えば 「 機内でペットボトル飲んじゃうもんね~ 」 とか
 「 この服 今 着ようと思ってたのよ~ 」 なんて
 その場のフォローはありえると思います ( Japanese only )

 それに 国内線の経験を考えると
 手荷物1個で乗る事なんて少ないですよね
 確かに 女性の場合 貴重品のハンドバックなどは
 手荷物の数にカウントされなかったりするので
 財布類 貴重品類は 重量に含まれないと考えてもいいのかな~ と
 思ったりします
 …それでも 7キロは超えますけどね

 ただ ニュージーランド航空って
 満席で飛ぶことはないと思いますし ( しかも今の時期 )
 もしかしたら 3席占領とかできそうな感じもするから
 ちょっとのオーバーで
 目くじらを 立てられないような気もするのですが…
 一応 7キロ付近に重量を調節したいと思います

 バックパックを機内持ち込みにする場合は 7キロ程度を遵守し
 それ以外の かばんであれば 多少のオーバーを
 笑顔で 「 軽いわよ 」 というフリをして 通過する
 はづき的 結論はこんな感じです
 …つまり まだ 機内持ち込みの かばんが決まってない と
 いう事なのですが…(笑)

大丈夫か はづき!?
 出発まで時間がないぞ!?
 ニュージーランド行きが決定している お買い物品が
 まだ届いていないことが 非常に気になりだした本日でした♪
 ( ぎりぎり買い物派 )
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hazukiproject.blog38.fc2.com/tb.php/108-e592ec7d

0件のトラックバック

5件のコメント

[C218]

笑顔で 「 軽いわよ 」 というフリをして
というのが笑いました。それ重要かも。
長袖の大部分を詰めてしまったので、今寒いです・・・。
  • 2006-05-18
  • ハルキ
  • URL
  • 編集

[C219]

 超過料金は航空会社によって厳しかったりそうでなかったりするみたいです。いいかげんな所は相当いいかげんらしいですね。NZ航空は厳しい方の部類に入るらしいけど、超過した事ないからわからないなぁ。

 機内持込の裏技としては、「衣類はなるべく着込む!」というのがあります。着ていれば荷物にならないので、その分軽くなるという訳です。で、離陸後、飛行機のトイレで脱いで、紙袋か何かに入れて椅子の下にでも入れておけばいいんだし(降りるときに重量検査はないので、税関でも堂々申告できます)。

 あとは、現地調達できるものは現地で買うとか、滞在先の住所がわかっていたらそこに送ってしまうとか・・・。

 ところで、45リッターのバックパックをぱんぱんに詰めて手荷物として飛行機に乗り込んだことがありますよ。日本航空(国際線・国内線ともに)、日本トランスオーシャン航空(国内線)、ユナイテッド航空さん(米国内線)です。確実に7KG越えていたと思うけど、特に何も言われなかったなぁ。

※さっきメール送りました。宜しくお願いします。
  • 2006-05-19
  • 未定(みてい)
  • URL
  • 編集

[C220]

NZ航空は厳しいですよ。預ける荷物は同じ荷物なのに、行きはOKでも帰りで引っかかってもめた!という友達の経験もあるので。私は今まで引っかかったことはないので、なんともいえませんが、その時にあたるスタッフによるんですよね。kiwiは気まぐれだから・・・。NZ航空はあまりサービス良くないし・・・。

手荷物は私も7キロ以上(多分10キロくらいあったかも??)でバックパックを出来るだけ小さくしてリュックの様にして持ち込みました。国際線はNZ航空じゃなかったので、多少は大丈夫だと思っていたけど、国内線はNZ航空だったから、多少心配でしたが、大丈夫でした。

荷物は、前の日に詰めると・・・焦ることもあるので、せめてもうすこし余裕があった方がいいかもしれません。つめてみると、来れもはいらない!あれもはいらない!が出てくるから・・・。

出発までもうすこしですねw
NZでおまちしてますww

[C221] ヤバッ・・・

本日荷物詰めてる途中、壁にぶつかる気配を感じました。
え、まだ入れてないものけっこうあるのに・・・!?
ヤバいです。
  • 2006-05-21
  • ハルキ
  • URL
  • 編集

[C223]

> ハルキ さん
はづきより出発が後なのに もう詰められたのですか? (汗)
 やばい? …っていうか 20キロのスーツケースを1人で持って歩くのも
 かなり嫌で へこんでるんだけど (笑)
 ハルキさん 準備が計画的で落ち度がないところが素晴らしいです

> 未定(みてい) さん
NZ 航空厳しいですかぁ そうかもしれませんね
 ただ 「 日本人には甘い 」 という説があるのも事実ですが
 なんせ ツアーじゃないので 課金してくるところはしっかりしてそうですね
 すでに 現地調達品がかなり… という感じになってきてます

 メール 遅延してます? infoseek ダメダメです(笑)

> nao さん
NZ航空が サービスあまりよくない とは思いませんが
 たくさんの航空会社を乗られている方からすると
 そういう感じなのでしょうか???

 そうですね 荷物はなるべく早く詰めるようにします
 すでに 20キロ超えていると思われるので
 あとはなにを出すかが問題です
  • 2006-05-22
  • Hazuki @ 一眼レフ君が届いた~♪
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Spica Hazuki

Author:Spica Hazuki
2009.1.13.
 ブログ再開します

2009年 今年のテーマは
 going my way, believe myself

継続更新できるよう がんばります

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。